アルファリポ酸はダイエットに効果がある?!

アルファリポ酸は、別名をチオクト酸ともいう有機化合物です。

日本ではこれまで医薬品として取り扱われていましたが、最近ではサプリメントとして販売されるようになりました。
アルファリポ酸には、糖分の代謝をよくする効果があるため、ダイエットに有効な成分だといわれています。
アルファリポ酸は、食事をすることで体内に入ってくるブドウ糖などの糖質や脂質を素早く分解してエネルギーに変えて消費させてくれるのです。

また、エネルギーの消費を促す効果がある他に、エネルギーを燃焼しやすい身体作りにも有効な成分です。
アルファリポ酸は、本来は人の体内にある酵素なのですが、加齢とともに生産量が減っていきます。
中年太りなどの加齢とともに太ってくる原因の一つに、このアルファリポ酸の生産量が減り、基礎代謝が下がることが関係しているといわれているのです。

それに、アルファリポ酸の最大の特徴ともいえるのが、体内で使われて酸化してしまったコエンザイムQ10やビタミンC・Eなどを再活性化させること。
分子が非常に小さく全身に行き渡り、脳にまで届きますし、体内の酸化を防ぎ、活性酵素を抑えることで身体の酸化を防ぎます。
アルファリポ酸の抗酸化作用は、水溶性でもあり脂溶性でもあるため吸収率もよく、ビタミンC・Eよりも長時間効果が持続します。

ただ、アルファリポ酸は食事と一緒に摂取すると吸収率が下がりますので、食前30分前くらいまに摂取しておくといいかもしれません。

それに、ダイエット効果を期待するのであれば、継続して摂取し続けないと効果がないでしょう。

アルファリポ酸と一緒にコエンザイムQ10やLカルニチンを摂取することで、相乗効果が期待できますし、運動も併用して行うことで、さらに効率よくキレイにダイエットできるはずです。

カテゴリー: 成分 パーマリンク