大豆サポニンとは

最近、注目を浴びている大豆サポニンとは、大豆に含まれている苦味や渋味を感じさせる主成分です。

この大豆サポニンには抗酸化効果があり、このため、体内の脂質の酸化を防ぎ、代謝・排出させる効果があります。
大豆サポニンが脂肪吸収を妨げると言われているのは、この効果によるのです。
大豆サポニンの抗酸化作用はとても強く、水・脂の両方に溶ける性質を持っているのが特徴です。

ですから、コレステロールや中性脂肪を低下させる効果があるとされており、動脈硬化や高血圧・高脂血症などの予防効果があります。

どちらかと言えば、大豆サポニンは脂肪吸収を妨げるというよりも、体内脂質を排出させる効果が高いと言った方が正しいかもしれませんね。
いずれにしても、肥満防止やダイエットに高い効果を求めて利用する方々が増えています。

また、大豆サポニンは肝機能低下を改善させる効果もあるとされているため、様々な病気の予防効果も期待されているそうです。
水溶性の性質によって血液中の脂肪やコレステロールを代謝させ、血液をきれいにする働きがあることから、美容にも良いのが嬉しいですね。

大豆サポニンは大豆だけでなく、大豆製品にも多く含まれています。

豆腐や納豆・油揚げ・きな粉・おから・高野豆腐・豆乳・湯葉・味噌などから多く摂取することができます。
サプリメントとしても販売されていますが、一日一杯の豆腐の味噌汁を実践したいですね。

カテゴリー: 成分 パーマリンク