ダイエット効果があるキトサン

ダイエットに高い効果があると言われているキトサンには、脂肪吸収を妨げる働きがあるのでしょうか?
キトサンは、主に甲殻類や昆虫のカラや骨などに多く含まれている成分です。

キチンキトサンと呼ばれることもあります。
ダイエット効果があるとされる成分には様々な物があり、その多くは食品から摂取できるものが多いのですが、キトサンは一般的には食用とされず、廃棄されるものの中に多く含まれています。

ですから、食べ物から多く摂取するのはなかなか困難と言えます。
キトサンの主な製造方法は、カニの殻に含まれるキチンという成分を抽出し、それに科学的処理を施してキトサンを生成します。

そのため、キトサンを摂取するには、サプリメントを利用するのが一般的です。

では、このキトサンに脂肪吸収を妨げる効果が本当にあるのでしょうか?キトサンは消化吸収されない成分です。

ですから、摂取されたキトサンは血液中を流れて排出されます。
この血液中を流れる時に、キトサンは体内に吸収されることがなく、また、様々な有害物質を吸着すると言われています。

そして、一度吸着された有害物質はキトサンに吸着されたまま、体内に吸収されることなく、体外に排出されることが知られているのです。

この時、キトサンに吸着される有害物質の中には、コレステロールや脂質なども含まれています。

つまりは、本来なら体内に吸収されるはずだった脂質の吸収を妨げる効果があるのですね。
キトサンはダイエット効果以外にも、医療分野での研究開発が進んでおり、神経や皮膚の再生などへの利用が注目されています。

カテゴリー: 成分 パーマリンク