EPAとは

EPAではピンとこない人も多いかもしれませんが、不飽和脂肪酸と言えば何となくでもわかるという人が多いのではないでしょうか?
不飽和脂肪酸と言っても、実はその中にはいろいろな種類があります。

EPAは、その不飽和脂肪酸のいくつかの種類の中の一つです。
不飽和脂肪酸には体内で合成できるものとできないものがありますが、EPAは合成できない方になります。
EPAはエイコサペンタエン酸というのが正式な名称で、イワシやサバ、マグロなどの青魚に多く含まれています。
牛や豚の脂から摂取される飽和脂肪酸がコレステロールや中性脂肪を増やし、成人病の原因となるのに対して、不飽和脂肪酸は逆にコレステロールや中性脂肪を低下させる働きがあることが知られていますよね。
EPAにダイエット効果があると言われているのはそのためで、EPAには血液をサラサラにして血液中のコレステロール沈着を防ぐ効果が知られています。

このため、肥満予防・ダイエット効果・生活習慣病や成人病予防・美容効果などに高い効果を示します。
EPAが不足すると、血液がドロドロになってしまうため、動脈硬化や心筋症などの原因となってしまいますから、必須の栄養素とも言われています。

その反面、摂取しすぎると、血液が固まるのを阻害してしまう効果もあるため、その摂取には注意が必要です。

EPAは熱にも強いため、調味した青魚からも摂取することができます。

カテゴリー: 成分 パーマリンク